コラム

Category

まだ間に合う!日焼けしてしまった後の対策3選

まだ間に合う!日焼けしてしまった後の対策3選

日焼け対策と聞くと、夏ばかりを連想しがちですよね。
実は肌老化の原因の8割は紫外線によるもので「光老化」と呼ばれているのですが、この光老化を防ぐには夏以外のお手入れがとても重要なのです!

今回の記事では、日焼けした後の肌に効果的なアフターケア3選をご紹介します。

夏だけでなく秋も重要!日焼け対策の落とし穴とは

夏が終わり暑さもおさまってくると、日焼け対策がおざなりになっていませんか?
秋は引き続き日焼け対策が必要なほか、夏の紫外線ダメージを受けた肌のアフターケアがカギとなってきます。 この日焼けした後の対策を怠ると、将来のシミ・シワ・たるみといったエイジングサインにつながってしまうのです。

つまり、秋の日焼け対策やアフターケアは、将来の見た目年齢に直結します。
ハリのある肌を保つには、秋こそ抜かりのないケアが重要です!

紫外線A波とB波について

紫外線には2つの種類があるのをご存知でしょうか?
UV-A波UV-B波があり、波長によって区別されていて、肌に与える影響がそれぞれ異なります。

UV-A波は肌の奥深くの真皮まで届き、コラーゲンやエラスチンを破壊し劣化させるので、肌の弾力やハリを低下させ、結果真皮性の深いシワやたるみの原因になります。

UV-B波は真皮まで影響を与えないものの、肌表面の炎症を引き起こしたり、シミの原因となるメラニン色素を増加させます。

特にUV-Aは真冬になっても、紫外線量の1番多い夏と比べて半分程度にしか減らないため、年中通して日焼け対策が必要です。

またUV-Aは徐々にダメージが蓄積され、30代あたりから一気にエイジングサインが現れ始めます。
すぐ変化が出る訳ではないので油断しがちですが、後々後悔しないためにも日焼け対策は日々徹底しましょう。

日焼けした肌に効果的なアフターケア3選

日焼けした後の肌に効果的なケアをご紹介します。
うっかり日焼けしてしまった日にぜひ試してみてください。

肌をしっかり冷却する

日焼け直後の肌は熱をもっているケースがほとんどです。
またヒリヒリとしてデリケートな状態になっていることも。

これは紫外線によって、軽い火傷のような炎症を起こしている状態です。
まずは冷やして肌の赤みや火照りなどの炎症を鎮めてから、美白ケアをするのが効果的です。

保湿でたっぷり水分補給

日焼けすると、肌の1番表面にある角質層から水分が失われるため、とても乾燥します。
乾燥は様々な肌トラブルをまねく原因となるので、保湿してたっぷり水分補給してください。

また日焼け後は肌が敏感になっているので、こすったり刺激を与えないようにしましょう。
抗炎症成分や美白成分の入ったシートマスクで、水分補給しながらスペシャルケアするのもおすすめです。

身体の内側からのケア

スキンケアも重要ですが、身体の中からのケアも効果的です。
日焼け後に補うとよい栄養素と、多く含まれる食べ物について紹介します。

ビタミンC

ビタミンCはメラニン色素を還元化してくれる働きがあるので、シミに効果的です。
またエイジングを加速させる活性酸素を除去してくれるので、シワやたるみケアにも!

ビタミンCを多く含む食べ物:
ブロッコリー、キウイ、イチゴ、キャベツなど

なおビタミンCは熱に弱いので、加熱調理はせず、できるだけ生のまま食べるのがおすすめです。

ビタミンA

ビタミンAは別名レチノールとも呼ばれ、シワ改善化粧品にもよく含有されている成分です。
皮膚や粘膜の健康を保つ働きや抗酸化作用があるので、エイジングケアに役立つ栄養素です。

ビタミンAを多く含む食べ物:
チーズ、卵、レバー、うなぎなど

ビタミンE

ビタミンEには、血行を良くする働きがあり必要な栄養素をしっかり届けるので、身体や肌を健康的に保つのに役立ちます。

ビタミンEを多く含む食べ物:
アーモンド、ほうれん草、ブロッコリーなど

また最近では「ファイトケミカル」という、植物に含まれる化学成分も注目されています。
抗酸化作用を持つものが多く、UV-A波によるシワ・たるみの対策に効果的です。

このファイトケミカルは野菜の皮に多く含まれているので、皮ごと調理することで摂取できます。

またこれらの栄養素はサプリで補うのも、手軽でおすすめです。必要な量を効率よく摂取できるので、無理なく継続できます。

【番外編】夏以外も使える日焼け対策グッズ

紫外線は夏以外も降り注いでいますよね。夏だけでなく1年を通して、しっかり日焼け予防していきましょう。

帽子

手軽に日焼け対策するなら、帽子がおすすめです。

つば広のハットタイプであれば、首や襟足までカバーできます。また折りたためば小さくなるので、持ち運びしやすい点もポイントです。

日傘

帽子でヘアスタイルを崩したくない人は、日傘もおすすめです。

最近では完全遮光の日傘も登場しており、日焼け対策だけでなく暑さ対策もできるのが便利ですよね。

日焼け後の対策で肌を労わろう

今回の記事では、日焼けした肌に効果的なアフターケアについてご紹介しました。

紫外線を防ぐ対策はもちろん、日焼けしたあとの対策も重要であることが分かりました。

光老化を進行させないように、身体の中からと外からのケアを続けて若々しい肌を保ちましょう。

RELATED

関連コラムはまだありません。